女性活躍の促進とともに職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすく、その能力を十分に発揮できるような環境づくりを構築するため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

令和4年4月1日 ~ 令和8年3月31日

取組内容

目標1 女性職員(正職員)の育児休業の取得率100%を維持するとともに、職場復帰しやすい環境の整備と男性職員の育児休業取得促進

(対策)

●令和4年4月~  ・育児休業に関する相談窓口の設置
          ・育児休業制度、休業中の給料及び社会保険料の免除等について研修等を通
                                じ、全職員に周知
          ・復職後、希望する職員に短時間勤務制度等の対応

●令和4年10月~ ・育児休業制度の改正に伴う「産後パパ育休」創設にかかる就業規則の変更

目標2 労働時間の適正な管理に努める

(対策)

●令和4年4月~  ・勤怠管理システムによる所定外労働時間の把握と管理  
          ・ノー残業デー(毎週水曜日)の継続実施

目標3 年次有給休暇、夏期休暇及び特別休暇の取得を促進する

(対策)

●令和4年4月~  ・年次有給休暇、夏期休暇及び特別休暇の取得計画に基づき、個人面接等を
                                通じた進捗管理

目標4 女性職員の業務上必要な資格取得を促進し、キャリアアップを支援する(資格取得年5人以上)

(対策)

  • 令和4年4月~  教育研修計画に基づき、必要な研修会等の受講を支援
               自己啓発助成内規を活用し、自主的な資格取得を支援

実績の公表

●育児休業取得率(女性については100%の取得率、男性は取得者なし)
●採用した労働者に占める女性労働者の割合
 令和3年度新規採用者及び4年度内定者41.7%(12人中5名の女性職員採用)
●労働者の1か月あたりの平均残業時間
 令和2年度5.5時間