白身魚の和風アクアパッツァ
田辺市 林様 Aコープクックガーデン店からの応募作品

使用する食材(★マークは和歌山県産食材)と分量
白身魚4切
★大根10㎝(千切り)
★人参1/2本(千切り)
★大葉10枚(千切り)
★梅干2粒(大、軽くほぐす)
オリーブオイル大さじ4
★ニンニク1片(うす切り)
★ミニトマト4個
★カリフローレ1/2房(一口大にほぐす)
料理酒 大さじ5
醤油 小さじ1/2
塩・こしょう適量
水100㏄

調理時間(20分)
①切身の魚に塩こしょうをして、おいておく。材料はそれぞれ切ったりほぐしたりする。
②フライパンに薄切れにしたニンニクとオリーブオイル大さじ3杯を入れて弱火にかける。
③(①の魚から出てきた水分があれば軽くおさえて水分をとる)ニンニクの香りがでてきたら魚を入れて中火にし、軽く焼き色を両面につける(焼き色がつくだけでOK。中身は後で火入れする)
④酒を加えて、魚のまわりや上にほぐした梅干し・大根・人参・カリフローレ・プチトマトを入れて水を加える。オリーブオイル大さじ4杯を上からかけて強火にし、一度沸かしてから火を弱火にし、フタをして4~5分蒸し焼きにする。
⑤4~5分後、フタをあけて、スープの所に醤油を加えて、塩・こしょうで味を整える。仕上げに大葉をちらして完成
※梅干しをほぐして入れる際、種を一緒に入れるときは召し上がる前に取り除いてください。
 
作品のポイント
①ドライトマトやオリーブなどイタリアンな物は使用せず、家の冷蔵庫にあるもので召し上がりやすい和風なアクアパッツアにしてみました。
②スープは多めになるようにしているので、残ったダシ汁にごはんを入れて、リゾット風やパスタを入れてみたり、うどんを入れてもおいしいです。
③今回は鱈の切身でつくりましたが、イサキや鯛の切身でもおいしいです。
地元の野菜は本当においしいので、よく利用します。和歌山のものをたっぷり使ったレシピです。