JA和歌山県農 桜の木
 Home JA和歌山県農の概要  部署・事業所・子会社  和歌山県の農業  問い合わせ窓口  リンク

組織と機構
沿革
和歌山県農業協同組合連合会(JA和歌山県農)は、昭和26年(西暦1951年)4月28日に県購買連・県販売連が合併し、和歌山県経済農業協同組合連合会と名称を変更して発足しました。昭和61年(西暦1986年)7月1日に和歌山県青果農業協同組合連合会との合併により、名称を現在に変更致しました。
 更に、平成5年(西暦1993年)12月1日に和歌山県酪農業協同組合連合会をと合併しました。

概況
代表者 代表理事理事長 梶本毅樹
設 立 昭和26年(西暦1951年)4月28日
会 員 10 (正会員10)
役員数 15名 (経営管理委員9名、理事4名、監事2名)
職員数 193名 (男子142名、女子51名)内出向者16名、受入出向者20名 [平成28年3月末現在]
出資金 4,546,525千円
取扱高 135,765百万円(販売:106,685百万円、購買:29,080百万円)   [平成27年度]
経営理念
経営理念 創 造
創造・情熱・協同の精神に基づき、時代の変化に対応する創造力で、夢ある和歌山を育む農業の発展をめざします。

信 頼
安全・安心をモットーに、消費者から信頼される農産物のブランドづくりと組合員や会員JAの負託に応える組織づくりをめざします。

調 和
協同活動を通じ、人・地域・環境と調和し「和」の心を育む豊かな地域社会づくりに貢献します。

※「和」の心とは、
・人が持つ本来の清らかで美しい心
・調和を重んじる心(人を思いやる心)
・倫理・道徳観、伝統的価値観を大切にする心

association mark
association mark  和歌山県のイニシャル「W」をモチーフに、未来に向かって力強く上昇する和歌山県農業協同組合連合会を表現。  全体の形状は、和歌山の雄大な「山」「海」そして自然の豊かな恵みをイメージさせ、柔らかで、かつ安定感のある形状となっています。  また、三本の線によって、「和歌山」「和歌山県農業協同組合連合会」「人」の調和のとれた未来を表現しています。
組織図
組織図 拡大する
事業取扱高の推移・棒グラフ
拡大する
部門別取扱高
拡大する

平成28年度基本方針
拡大する
back